安心で安全な給食

「食」の楽しさを伝えたい。

食事は栄養を摂取することと、食事に関するマナーや習慣があります。
家族や身近な人とおいしく食事ができるように、使う食器や調理の仕方、食事の与え方など子どもに無理なく進めていけるようにしていくことがよい習慣につながります。

「食」へのこだわり

食生活は、育児の原点であり、何よりも大切にしたいことです。

  • 食べるのが楽しい
  • しっかり噛んで味わっておいしく食べられる
  • 自分で上手に食べられるようになる

などの目標を持ち、心と体の成長を助けていきたいと思っています。

食事について

  • みんなでおいしく食べながら食べることの楽しさを知り、好き嫌いなく、よく噛んで食べ、よりよい食事の習慣、マナーが身に着いてほしいと思います。
  • 食材はなるべく旬のものを使い、素材にこだわり、おやつは可能な限り手作りのものを提供しています。
このページのトップへ戻る

食器とスプーンについて

年齢に応じたスプーンを使用しています

スプーンは子どもの手の幅にあった大きさと長さのものを選び握力がしっかり働き、安定してすくえるように促しています。また、陶器のものを使っています。
大皿、小皿と子ども達の発達にあった組み合わせで乳児クラスから幼児クラスまで同じ食器を使っています。

アレルギー対応について

白玉粉とかぼちゃあんのゆでたまご

専門医の検査結果を基に保護者と協力しながらアレルゲンを除去した給食の対応をしています。
もちろん、他児との差をできるだけ無くすよう代替の食品を使用するなど工夫しています。

このページのトップへ戻る

毎日の食事のサンプルを展示しています。

食事のサンプル

材料の生産地・生産者をできる限りお知らせします。

このページのトップへ戻る
社会福祉法人 萬年青友の会 法人本部第三者評価結果HOME